2015年9月

外壁塗装の塗り替え目安 ②

カテゴリー/ いつ塗り替えればいいの? |投稿者/ ケーオーホームペイント
2015年09月15日

4 鉄の部分のサビ

 

サビというのはまず見た目が汚いので、建物の美観を損ねる大きな要因になります。どんなに新しい家だったとしてもサビがあるだけで古く見えてしまいます。 またサビにより、金属は内側から腐っていくので、早め早めの処置が必要になります。外壁だけではなく、こういうのも塗り替えのサインになります。

 

5 カビやコケ

 

屋根にも多いのがカビやコケで、壁にも起こりえます。 こちらも美観を損ねるだけでなく、塗装したの屋根や壁自体の耐久性を低下させる可能性があります。

 

6 汚れ

 

外から汚れが付着していけば時間とともに汚れてしまうもの、と思われがちなのですが、外壁塗装というのはそもそもこの汚れ自体着かないようにする役割もあります。 なので、このように汚れてしまっているのは、外壁塗装の機能が弱くなっている=塗り替えのサインととらえることが出来ます。

 

 

 

外壁塗装の塗り替え目安 ①

カテゴリー/ いつ塗り替えればいいの? |投稿者/ ケーオーホームペイント
2015年09月15日

外壁塗装の塗り替え時期は約10年です。もちろん状況や塗料の質などによって左右されますが、10年ごとに塗り替える事で家の美観を保てるだけでなく、耐用年数も延び、家そのものの寿命も長くなります。 それでは、実際に外壁塗装がどのような状態になったら塗り替えるべきなのか、外壁塗装塗り替えのサインについてまとめていきます

 

1 チョーキング(触ると手が白くなる・粉がつく)

外壁塗装のチョーキング現象は、その名前の通り外壁塗装がチョークの白い粉のような状態になってしまう現象のことです。

通常だと家の外壁を手で触ると、少し埃っぽい色がつくだけですが、手に白い粉がついてしまったら、チョーキング現象が起きているということなのです。

チョーキングの原因は、雨や太陽熱、風にさらされることによる外壁塗装の劣化です。

太陽や雨風から外壁を守ることはできないので、一度チョーキング現象になってしまうと自然に改善することはなく、どんどん悪化していくのです。

それ故、チョーキング現象に気付いたらすぐに外壁塗装のリフォームをすることをおすすめします。

 

2 ひび割れ

 

素人目にもすぐに分かる外壁塗装塗り替えのサインです。 ひび割れた部分から雨水が進入してしまうので、内部から侵食されてしまいます。

 

3 はがれ

 

長期間紫外線や雨水を浴び続けることで、塗膜の密着部分が剥がれてしまい、めくれてしまっている状態です。 外壁塗装の保護の役割が全く機能していないので、どんどん内側が傷んでしまいます。

 

外壁塗装が必要な理由 ③

カテゴリー/ なぜ外壁塗装が必要なの? |投稿者/ ケーオーホームペイント
2015年09月10日

外観の美しさや、外壁の保護以外の目的以外にも、最近では時代のニーズを受けて、様々な判断材料が増えてきています。

・断熱効果
ヒビや割れなどによる外気からの家を守ります。
冬は暖かく・夏は冷房効果などを高めてくれます
・遮熱効果
断熱効果に加えて、遮熱による室内の温度差を軽減させます。
省エネ効果があります。
・防水効果
雨漏りや雨ジミから家屋を守ります。
防水効果は外壁の痛みから守る役割もあります。
・防火効果
熱を遮断する効果があります
外壁材により火熱を遮る時間の長さは違います。
・耐震効果
外壁の耐震性を強めます。
こちらは、外壁の種類により異なります。

私が仕事を始めた20年ほど前は、老朽化した建物を建築当初の性能に戻す(リフォーム)が主流でしたが近年では、性能を向上させたり価値を高めたりするお客様も増えてまいりました。

老朽化していく家の保護という観点よりも、住んでみて初めて分かった住まいの弱点を改善することがより良いライフスタイルへの道なのではないでしょうか。

 

外壁塗装が必要な理由 ②

カテゴリー/ なぜ外壁塗装が必要なの? |投稿者/ ケーオーホームペイント
2015年09月10日

外壁塗装は「10年に1度」とはいうものの「本当に必要なの?」というのも正直なところ。

しかし、どんな建物も雨漏りや腐食など手遅れにならないように検査は必要。

家と人は同じと考えれば、健康診断に行かなくてもご長寿の方もいれば、検査で病気が早期発見出来て手術が出来た。という方もたくさんいらっしゃいますので、外壁についても同じ事が言えるかな?と思います。

1) コーティング・表面保護   (例:毎日の基礎化粧品)
2) 美観・汚れのリセット    (例:お風呂・エステ)
3) 彩色変更・気分転換     (例:ファッション)
4) メンテナンス・予期せぬ不具合の点検/補修 (健康診断)

建物も人も若いうちは大丈夫かもしれませんが年を重ねるにつれてもっとしっかりとケアしていればと後で気づいたのでは遅い場合もあります。

適切なタイミングで外壁塗装を行えば、本来なら必要ない修繕が発生することもなく、無駄な出費を抑えられます。

外壁塗装が必要な理由 ①

カテゴリー/ なぜ外壁塗装が必要なの? |投稿者/ ケーオーホームペイント
2015年09月10日

たかが外壁、されど外壁…塗装がボロボロの家は、壁の内側も雨水の侵食や躯体のサビ、腐食が隠れている可能性が高いと言われます。

外壁・屋根は雨・風・紫外線・熱を防ぐ事によって、柱・土台・はり等の構造体という部分を守っています。外壁自体もワレが出てきて、鉄部の錆び木部の腐食が発生し、放置すれば建物内部への湿気、水分が浸入し、構造部分(木柱、鉄骨、鉄筋)の老朽化を促進していきます。

DSC_0428

単に見栄えなどを良くするだけではなく外壁塗装の一番の理由は、外壁に防水機能を持たせるためで、皆さんのお住まいを守る縁の下の力持ちとも言える存在なのです。

 

 

 

 

Top